世界の名物料理

大きな地図で見る

四川名物料理

火鍋

四川で有名なのは麻婆豆腐。
しかし、ここはあえて火鍋を選んだ。
この火鍋はまさに口から火を噴きそうなくらい辛かった

火鍋はたくさんの唐辛子の入った辛い辛い鍋だ。
四川ではその辺に火鍋の屋台とかでているくらいだ。

北京や上海にも火鍋のお店をよく見る。
北京や上海の火鍋の多くは、鍋が仕切りで半分に分かれていて、
片方が辛い赤いスープ、片方が辛くない白いスープになっている。
これなら辛いのが苦手な人も大丈夫

しかも、取り皿には、いろんなタイプの味つけが楽しむことができる。
ピーナッツソース、にんにく醤油、ごま味のだれ・・・お店によって様々だけど
いろんなタイプの味が楽しめるのもいい(お店によってタレの種類の多少もさまざまだが・・・)
しかし、四川の火鍋はそんな甘っちょろいもんじゃなかった。
スープは赤のみ。とにかく辛い。
四川の火鍋はどこまでも『ハードボイルド』なのだ!

もうひとつ火鍋のいいところは安いことである。
あの物価の高い上海でさえ安い

何人か集まって火鍋でハフハフっていうのが中国の最高の楽しみ方のひとつだと思う。

四川料理の代表格火鍋
このスープの色を見ただけでその辛さがわかる

本音を言えば、四川料理といえば、成都にある有名な麻婆豆腐が食べたい!
実は2008年に麻婆豆腐を食べに(もちろんそれだけが目的ではないが)成都に向かった。
ウルムチという中国の西北の都市から48時間かけて列車向かっていたのだ。
ところが、ちょうど24時間走ったところで、あの四川大地震のため、そのまま列車が引き返すというアクシデントに遭った。
そのために、成都の麻婆豆腐は断念。

その半年後、四川を復興するための観光キャンペーンの仕事で、四川省を旅してそのレポートを書くという仕事のオファーが来たのだが、残念ながらスケジュールが合わずにその仕事も流れた。
しかし、四川の名物料理麻婆豆腐を追いかけるのをあきらめたわけではない。
もっといえば、僕は日本でもおいしい麻婆豆腐を求めているのである。

僕がよく行く東京の麻婆豆腐のお店は、
陳建一麻婆豆腐店 グランデュオ立川店 (別ウインドウで食べログのサイトが開きます)

北京
西安
四川
上海
広州
香港
雲南
ラオス
ベトナム
カンボジア
タイ
インド
ネパール
チベット
ウイグル
パキスタン
イラン 

トルコ
シリア
ヨルダン
イスラエル 

エジプト
スーダン
エチオピア
ケニア
ウガンダ
ルワンダ
タンザニア
ザンジバル
マラウイ
モザンビーク
南アフリカ共和国
スワジランド
ジンバブエ
モロッコ

スペイン
バスク地方
ポルトガル

メキシコ
グアテマラ
ホンジュラス
ニカラグア
コスタリカ
パナマ

コロンビア
エクアドル
ペルー
ボリビア
チリ
アルゼンチン
ブラジル
ベネズエラ

ニューヨーク

その国に行ったら、その国の名物料理を食べたい。 それは、すべての旅人の思いだ。
だから、世界各地の名物世界のサイトを作りたいと思った。 僕たち夫婦は、3年3か月の間、世界を放浪した。 できるだけ、その場所の名物と呼ばれる食べ物を食べてきた。その経験を元にかなり独断と偏見で選んだ。
味の記憶というのは、はかない。正直、これまで食べた名物料理の味を、ありありとよみがえらせることはできない。でも、食べ物の味の記憶は忘れてしまっても、食べた時の記憶は意外と残っていて、その地の名物ならなおさらだ。 それが、美味しかろうが、そうでなかろうが。
これからも、 僕たちの名物探しの旅はつづく。

copyright 2008 (c) World Wide Kawa All Rights Reserved