世界の名物食べ物

大きな地図で見る

カンボジア名物料理

ホビロン

カンボジアの名物の食べ物といえば、ホビロンといいたいところだが、
どうやら「アモック」と呼ばれる魚のココナッツ煮込みが有名らしい

本来ならば、その魚のココナッツ煮込みってやつをここに紹介するべきである。

しかし、それには、実は大きな問題がある。

僕は、残念ながらそれを食べていない・・・・・・・・・・・・・・嗚呼

なので、このページを見た人は、ぜひ「アモット」をトライしてみてください。

ちょっと、いいわけがましいことを言うと、
僕は、外国では、それほど魚は食べない。

なぜなら、魚はやはり日本が世界一美味しいと思っているからだ。

とくに、ちょっと内陸の場所だと、川魚の確率が高く、その川魚の多くは、やや臭みがあるケースが多い。
アモットがどうなのかは、食べていないので、さだかではない。

アモットはさておき、それよりも、カボチャはカンボジアがルーツらしいという話を聞いた。
カボチャという名前もカンボジアから来ているという説である。

しかし、ここでもBig Problem!

カンボジアに来てカボチャも食べていないのだ。
せめて、カボチャプリンでも食べていれば、少しは自慢気に語れるのに・・・。

僕は残念ながらアモットもカボチャも逃した。・・・嗚呼。

ところでホビロンだが、これは孵化しかけの卵のこと。
ベトナムにも同じものがある。
ものによって成長度合が違っている。
よく生長しているものは、鳥の形になりかかった卵状態で、卵のようで卵でなく、ひな鳥のようでひな鳥でない、しかも、卵の殻に入っていて、卵をコンコンと叩いてわると鳥っぽいのが出てくるのだ。

少しグロテスク。

味は、チキンスープ味のやや歯ごたえのある卵の味。
酒のつまみにいいが、ややゲテもの系として扱われがち。

あまり明るくない屋台か、目をつぶって食べることをオススメしたい

ホビロン割る前
見た目は普通のゆで卵
ホビロン少し割ってみた写真
割ってみると…

見た目は普通のゆで卵カンボジア名物ホビロン中身
ホビロンの中身がこんな感じです

北京
西安
四川
上海
広州
香港
雲南
ラオス
ベトナム
カンボジア
タイ
インド
ネパール
チベット
ウイグル
パキスタン
イラン 

トルコ
シリア
ヨルダン
イスラエル 

エジプト
スーダン
エチオピア
ケニア
ウガンダ
ルワンダ
タンザニア
ザンジバル
マラウイ
モザンビーク
南アフリカ共和国
スワジランド
ジンバブエ
モロッコ

スペイン
バスク地方
ポルトガル

メキシコ
グアテマラ
ホンジュラス
ニカラグア
コスタリカ
パナマ

コロンビア
エクアドル
ペルー
ボリビア
チリ
アルゼンチン
ブラジル
ベネズエラ

ニューヨーク

その国に行ったら、その国の名物料理を食べたい。 それは、すべての旅人の思いだ。
だから、世界各地の名物世界のサイトを作りたいと思った。 僕たち夫婦は、3年3か月の間、世界を放浪した。 できるだけ、その場所の名物と呼ばれる食べ物を食べてきた。その経験を元にかなり独断と偏見で選んだ。
味の記憶というのは、はかない。正直、これまで食べた料理の味を、ありありとよみがえらせることはできない。でも、食べ物の味の記憶は忘れてしまっても、食べた時の記憶は意外と残っていて、その地でしか食べられないならなおさらだ。 それが、美味しかろうが、そうでなかろうが。
これからも、 僕たちの名物探しの旅はつづく。

copyright (c) World Wide Kawa All Rights Reserved